読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新婚夫のトライアスロン生活

新婚生活も始まりばたばたしてますが トライアスロンだけは続けたい!!なブログ

新庄・蒜山スーパートレイル とりあえず完走

駄文です。忘備録です。

 

新庄蒜山スーパートレイル70kmの部とりあえずの完走です。最終74kmでたぶんもっとあった。76kmくらいかと。

 

13時間48分。

58位/200人弱。

 

食料 ジェル 5.6個、エイドの小さいおにぎり、りんご、みそしるとか。かなり少なくで済んだ。持ちすぎで反省

 

水分5リットルくらい

 

シューズ サロモンセンスマントラ

 

 

 

完走率50%となんとも厳しい大会でした。90人もゴールできてない噂。

 

累積獲得標高は4100m。実際はも少し少なかったんじゃないのという感じも。

 

ロングのトレイルレースは2回目。地獄の恐羅漢は途中で競技自体終了しちゃいましたから記録なし。

 

恐羅漢以降ほとんど山行ってなかったんです。海ばかり。かなりのぶっつけ本番でした。

 

完走で来たらよし、みたいな感じで望みました。

 

田川さんもなかばだますレベルでエントリーさせてバディースタイルで臨みましたが。。。

 

スタートから、第1、第2エイドまで22kmくらい。ロードと林道でまだまだ序盤という感じ。

 

第2エイドの関門は9時で到着時7時過ぎ。二時間くらいの貯金があり、割と緩い関門かもと思ったけど、、、あとで現実をたたきつけられます。

 

第2エイドからは本格的なトレイル。

 

25kmくらいまでは並走しつつ待ったりしながら進みましたがいったん先に進むことにして第3エイドにて待つつもりで。

 

第2エイドから第3エイドにたどり着くまでの13km。3時間以上かかる。ここで10時半

 

林奥様に声を掛けられました。ありがとうございました。

 

第3エイド到着。 32km地点で田川さんを15分~20分待ってみるものの、先に行くことにする。

 

全速力でこっちに来るランナーとすれ違う。

 

最初は忘れ物とかした人かと思ったけどよく考えたら トップの選手がすでに折り返していたことに気づく。

 

トレイルで速く走れる奴が人類で一番強い種族だと思った。実際ここでもかなりの人数が関門に引っかかった模様。

 

第3エイドから第4エイドまでは林道とロード。これがかなりきつかった。ロードで歩くなんて予想GUY。

 

蒸し暑く、日陰のない状態で、さらに第三エイドまでで足がボロボロになっている状態でのロード、ここでも後半に温存していた足をすり減らすことになる。

 

第4エイド 45km地点。ここから第三まで別ルートで折り返す。13時前に到着。関門が14:30、なんとか行けそうと

 

この時も思う。

 

第4エイドから第3エイドへの帰路。来た道の折り返し途中で田川さんに会う。あきらめずに次のエイドに向かってほしいと声をかける。ここまで来てくれていることを確認できてほっとした。蒜山高原を抜けていく、ここもほとんどロードと林道。

 

満タンにした水も1.5リットルを使い果たす。

 

第3エイドに戻ってきたのは14時半前。55km地点。

ここが第4関門4時。

 

最終的にリタイアのほとんどがここで終了。第5関門は5時で、ここからどう頑張っても2時間はかかるってことで4時にきても間に合わない話。

山道を途中から折り返すような形で帰路を目指す。

 

第5関門は4時20分に到着。関門まで40分しかなかった。

 

次のエイドまで6km、ゴールまで10kmと言われたけどあれ絶対ウソです。

 

最後の山の下りからヘッドライト装着、掴まるところもなく直滑降のずるずるのコース。何回こけたかわからない。

 

最終エイドからは林道+ロード。

 

当分トレイルはお腹いっぱいだとか自分の走力のなさとか色々反省しながら100マイルとか絶対無理、これ以上長いトレイルも今は無理だなぁと。そんなことを思いながらゴール。田川さんも第4関門まで頑張ってくれてゴールで先に待ってくれいてじんときました。

 

初のロング完走はやっぱり嬉しかった。山の練習ほとんどしてないのはやっぱりダメだな。

キャノンボールも今月あるけどいまは走る気も起こらないなぁ。

って言いながらまたどこか挑戦するんでしょう。タイムもしっかり目標決めていこう。

 

とりあえず完走できてよかったです。ボランティアの新庄村の方々ありがとうございました。

 

ジェルと固形の食料しこたま積んだけどジェル6個とエイドのおにぎりつまむ程度でした。もっと軽くしていこう。